お薬をのむとじんましんがでてしまう腰痛・生理痛・PMS

向日市のかがやき鍼灸整骨院

腰痛・生理痛・PMS

痛いところを的確に和らげてもらえた。

自分ではわからない自分の身体

《腰痛・生理痛・PMS》の施術をうけられた患者さまからご感想をいただきました。

自分では気付いていない悪いところにも気づかされた。

ご感想ありがとうございます。

自分の身体ですが、なかなか分からないものです。

”痛いところ”は症状がでているので分かります。

そしてそこが原因と思い込んでしまいます。

しかし実際は、”痛いところ”が原因であることはあまりありません。

意外かもしれませんが”痛いところ”は結果であって、原因は別の場所にあることが多いのです。

その原因となりうるポイントを、問診や触診・検査で気づいてもらうことがスタートです。

ここが良かったよ《1》

生理痛・PMSもかなり軽くなり、薬の服用がいらなくなった。

生理痛や生理不順・PMSに悩む方も多いですね。

婦人科疾患も含め、生理痛・PMSは冷えや食事(栄養)の影響が大きい

施術中に足首をチェックしますが、多くの女性が冷えています。

そして冷えていることに気づいていない方がほとんど。

まずはレッグウォーマーで足首を冷やさないようにすることが大事

足首を冷やさないようにすると、生理痛・PMSは少しずつ和らぎ始めるのでお試しくださいね。

この方は生理痛の薬をのむと顔やお腹にじんましんが出てしまっていたので、飲まずに生活できるようになって一石二鳥になりました。

本当によかったです。

ここが良かったよ《2》

寝る時の腰痛がほとんど改善された。

足から治療し、改善していくことで上半身につながっていき、体全体が治っていったように思う。

初診時は、仰向けで寝る時も痛いし、寝ても痛みで目が覚める症状も出ていました。

右脚が外に開いていたり、右足の裏がガチガチだったり。

これでは立ち方や歩き方に崩れが出てしまします。

建物と同じで、人間の体も下が崩れると上も崩れます。

足の影響で腰や肩、頭にも問題が起こります。

ということもあり、施術のほとんどを股関節から下肢(脚から足裏)に費やしました。

逆に腰はほとんど施術していませんが、3回目には夜間の痛みはなくなり、6回目にはほぼ腰痛は起こらなくなりました。

あとはお伝えしているセルフケアでコントロールがある程度できると思います。

向日市の病院で治らなかった生理痛・PMS・腰痛の治療

ご感想

以下がいただきましたご感想です。ありがとうございました。

来院される前、どのような症状でお悩みでしたか?

  • 腰痛(特に仰向けになって寝る時)
  • 生理痛(腰痛・頭痛・腹痛)

現在その症状はどう変わりましたか?

  • 寝る時の腰痛がほとんど改善された。
  • 生理痛もかなり軽くなり、薬の服用がいらなくなった。

当院と他の医療機関とはどんな点で違いますか?

  • 足から治療し、改善していくことで上半身につながっていき、体全体が治っていったように思う。
  • セルフケアを教えてもらえたところ。

ここが良かったな~と感じられた点があれば教えてください。

  • 説明が分かりやすく、”痛い”と思うポイントを的確に和らげてもらえた。
  • 自分では気付いていない悪いところにも気づかされた。
  • 院内が清潔でした。
向日市で口コミで広がる整体院

この方が受けられた施術はこちら

この記事を書いた人

吉村 徳介

鍼灸師・柔道整復師の国家資格をもつ整体師。2児の父。
自分自身が悩まされた経験から《めまい・頭痛・腰痛》の治療が得意。「自分でも治せればもっとハッピー!」をテーマに患者さんにセルフケアの指導にも力を入れている。