椎間板ヘルニア|坐骨神経痛・歩けない・足が痛む・しびれる

椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

病院とは違う良さを大いに感じました。

こちらの新しいHPに変わりましたので、1年前にいただいたご感想の再アップいたします。

《椎間板ヘルニア》で腰からお尻、足にかけて痛みがあり歩行が大変だった患者さまからのご感想です。

当初は整形外科に通院し、消炎鎮痛剤、膝へのヒアルロン酸注射、腰のけん引の治療を受けていましたが、なかなか改善しない状況が続いていました。

(中略)病院は病院でその外科的・内科的な治療にそれなりの効果はあると考えています。病院の治療がうまくマッチする人もいると思います。

病院や整形外科で検査・治療を受けて良くなる人もいます。しかし良くならない人も一定数います。

特に慢性症状になるほど治らない方は増えるので、そんな方々の受け皿になりたいと思っています。

レントゲンやMRIだけで「痛みの原因は〇〇」と判断するのは難しい

腰痛になるとどこに相談すればいい?ということでまず病院や整形を利用する方も多いですね。医師に診てもらうと安心ですしね。

レントゲン・MRIではっきり体の内部が分かるのも安心要素の1つだと思います。

腫瘍や骨折の有無の判断、内臓や関節内の状況判断にはとても有効です。

しかし、筋肉のねじれ、関節のゆがみ(※)などは判別が不可能です。※ゆがみ自体よりも、ゆがんで動かなくなっている方が悪い。

そして慢性的な症状(痛みを含む)は、こういった筋肉や関節のねじれ・ゆがみが影響しています。

例えば、生きるうえで最も大事な《呼吸》では、

  • 筋肉では・・・
    横隔膜、内肋間筋、外肋間筋、胸鎖乳突筋、前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋、腹直筋、内腹斜筋、外腹斜筋、腹横筋など
  • 関節では・・・
    背骨や胸骨と肋骨、鎖骨など

とこれだけの組織が関わるので、動きの悪い筋肉・関節があると呼吸が満足にできず、自律神経の不調→痛みにつながります。つまり呼吸の問題が腰痛の原因にもなりうるということです。

このように体にはいろいろな見方があるので、レントゲンやMRIだけで「痛みの原因は〇〇」と判断するのは難しいことを知って頂けたらな、と思います。

今いろいろな治療を受けていて改善せず落ち込んでいる方も、諦めないでご相談ください。

施術と再発予防

ふくらはぎが張ったり、つったりする症状もよくありました。

腰痛持ちの方で、ふくらはぎがよくつる症状の方がおられます。足の血流が悪く冷えていることが大きな原因です。

この方も、足が冷えていて足首が硬く、ふくらはぎもパンパンに。まずは足首を柔らかくする施術をしていきました。

足が柔らかくなれば、その上に乗っている膝・骨盤・上半身は自然と緩んでいくことも多いです。

あと今回気をつけたのは《優しく負担の少ない施術》でした。

特にこの方のように、強い痛み・しびれを伴う症状に、強い刺激を加えるとさらに悪化させることもあります。

ここ1年、強い刺激はあまり必要ないと感じています。

患者側からすればある程度刺激がある方が《やってもらった感》があるのでウケがいいですが、強い刺激は組織も壊します。そこで炎症が起こり、さらにその組織を守るため筋肉が緊張状態(硬くなる)になります。

本末転倒です。

という理由もあって、また自分自身が低刺激の施術を受けて身体が大きく変わった経験もあり、最近では刺激量が優しくなりました。

といっても使い分けだと思うので、やや痛い施術も残っています。どっちが良い悪いではなく、状況に応じて使い分けています。

この方は初めベッドに横になるとしびれが強くなることもあり、とにかく楽な体勢で、とにかく気持ちいい施術をおこないました。

身体が求めるように動かしてあげれば、ひとまずは間違いがないので、この施術方法を中心として徐々に痛み・しびれが安定していきました。

セルフケアもたくさん覚えてもらい、状態も安定したので無事卒業となりました。今年の冬は暖冬なので状態がいいといいですね。さてどうでしょうか?

ヘルニアで足のしびれと痛みが改善

ご感想

以下がいただきましたご感想です。ありがとうございました。

来院される前、どのような症状でお悩みでしたか?

  • 椎間板ヘルニアからくる坐骨神経痛で歩く時や、夜寝る時に、激しい痛みを伴い、日常生活のあらゆる場面で支障をきたして困っていました。
  • またふくらはぎが張ったり、つったりする症状もよくありました。
  • 当初は整形外科に通院し、消炎鎮痛剤、膝へのヒアルロン酸注射、腰のけん引の治療を受けていましたが、なかなか改善しない状況が続いていました。

現在その症状はどう変わりましたか?

  • 足の指のしびれはあと少し残りますが、坐骨神経痛の電気がビビッと走るような痛みも無くなり、歩行も普通にできるようになり、日常生活での支障が無くなりました。

当院と他の医療機関とはどんな点で違いますか?

  • 病院は病院でその外科的・内科的な治療にそれなりの効果はあると考えています。病院の治療がうまくマッチする人もいると思います。 私の場合、整体院で治療を受けるのが貴院が初めてでしたが、

    • 触診で痛みの部位を見つけること
    • 無理をしない治療
    • 回復度に合わせたステップ的な治療
    • 痛みの根拠(原因)の説明
    • 日常的なストレッチの指導
      など病院とは違う良さを大いに感じました。

最後に、同じ様な症状でお悩みの方にメッセージをお願いします。

  • こちらでの施術、治療と説明を受けた日常のストレッチを続けることで、症状が改善していくと思います。
肩こり・腰痛・ヘルニアの整体
椎間板ヘルニアでも、腰だけの治療で良くならないケースは多い。まずは身体全体のゆがみ・硬さをチェックします。

この記事を書いた人

吉村 徳介

鍼灸師・柔道整復師の国家資格をもつ整体師。2児の父。
自分自身が悩まされた経験から《めまい・頭痛・腰痛》の治療が得意。「自分でも治せればもっとハッピー!」をテーマに患者さんにセルフケアの指導にも力を入れている。