PMS・排卵前後|頭痛・めまい・気分の落ち込みが楽になりました。

生理前・排卵前後の不調

状態に合わせていろいろな角度から治療してもらえます(整体・鍼灸など)

《PMS・排卵前後の不調》の症状でお困りだった患者さまからご感想をいただきました。

気分が重く、やる気が起きない。

お仕事もお忙しいようでストレスが溜まっているのも自覚あり。病院でお薬をもらうも、体のいろんな不調が落ち着かないため受診されました。

ずっと張りつめていたら、ホッとしたときの反動も大きい

お話を聞いていると、お仕事が忙しすぎるようです。帰宅後やお休みの日は、余計に身体が重くしんどい。

そして触診すると体のいたるところがキンキンに張っている。

普段が頑張りすぎで、交感神経(活動時の神経)のスイッチが入り続けているので、休みに入ってホッとした瞬間にどっと疲れがでて、痛みや不調が出ているようでした。

この「休みに入ってホッとした」のにしんどくなる、休みに入ったのになぜしんどくなるのでしょうか?

休みに入ると副交感神経(リラックス時の神経)がスイッチが入るので、今まで緊張状態にあった体が一気にダランっと緩むわけです。よく「緊張の糸が切れる」って言いますよね。

「緊張の糸が切れる」

しばらくの間ずっと張り詰めていた気分がふっと緩む様子などを表す言い回し

それが交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズに行けば問題は起きませんが、ずっと張りつめていたので、そのぶん気が緩んだときの反動が大きいんですね。

だから一気に緩み過ぎて、調子がおかしくなる。

そうなると、ホルモンバランスも狂いはじめ、PMS(月経前症候群)などが起こってきます。

PMSの症状としては

  • 自律神経症状
    のぼせ、めまい、倦怠感、情緒不安定、イライラ、抑うつ、不安、眠気、集中力の低下
  • 体の症状
    腹痛、頭痛、肩が詰まる、腰痛、むくみ、お腹や乳房の張り・痛み

を感じる方が多いようです。

頑張り屋さんや、責任感の強い方、なるべく完璧にこなしたい、など余白が少なく、余裕がない状態の方はPMSが強く出る傾向があるので、当てはまると感じた方はヨガや軽い運動(心拍数が上がりすぎない早歩きがおすすめ)で気分転換をおすすめします。

それでも上手くいかない場合は、私にお任せください。治療はもちろん、気が楽になるセルフケアもお伝えします。

施術と再発予防

触診してみると、足とお腹が冷えています。しかし自覚はあまりないようです。

自覚がない方が結構おられますが、これが問題です。

きちんと感じられることは、きちんと反応(対応)できることに繋がります。

体が張った感じ、微妙な違和感、痛み、冷えなどは、身体が出す警告です。

分かりやすく天気予報でお話すると、

  • まずスタートは「注意報」レベル
    体の微妙な違和感、張り感、疲労感など。
  • それを放置すると「警報」レベルに
    痛みや不調(フワフワする、疲れが抜けない、頻繁に胃腸が悪くなる、etc…)
  • さらにそれを放置すると「特別警報」レベルへ
    慢性的に痛みや不調に襲われる、それも強い症状である

のような感じになっていきます。

だからきちんと感じれることは、早い段階できちんと対応することに繋がるのでとても大事なんですね。

話を戻して、この方にはまず足首や足裏の施術をして末端への血流を良くしていきました。もちろん普段からレッグウォーマーや腹巻もしてもらいます。

そしてホルモンバランスを整える温灸(手軽にできる温かいお灸)をご自宅でもやってもらい、いつものように足のセルフケアを指導しました。

するとご来院のたびに足やお腹が温かくなっていき、顔色も血色が良くなりワントーン明るくなりました。

そして同時にやったのが呼吸法。以前は肩で息をされていました。

日本語でも息苦しい時に「肩で息をする」と言いますが、要はしっかり呼吸が出来ていないんです。

呼吸がうまく出来ていないと細胞に運ばれる酸素の量も減り、代謝が落ち、疲れやすくなり、不調が起こってきます。

さらに呼吸が浅いことによるデメリットは「自律神経系の不調」です。

自律神経は24時間365日休まずカラダをコントロールしてくれています。それが不調になると、めまいや頭痛、慢性的な肩こり・腰痛はもちろん、内臓の働きも落ちて、体の内外の問題が噴出してきます。

ということで、普段からでもしっかりと呼吸ができるように、お腹や背中の筋肉の緊張を緩める施術をして、日常生活でも深呼吸をするようにお伝えしました。

その後、お仕事でのストレスなどもあり紆余曲折しましたが、少しずつ改善していき、現在は月に1回ほどメンテナンスでも調子がいいようです。

もちろん調子が悪くなるときもあるようですが、「前ほど長引かなくなった」と。

本来カラダが持っていた「自然治癒力」がきちんと機能している証拠です。

嬉しい限りですね。ぜひこれからも身体を大切にされてほしいですね。

向日市でPMSや排卵痛の治療
お写真がNGのため、私と私の分身クンと。似てますよね。

ご感想

以下がいただきましたご感想です。ありがとうございました。

来院される前、どのような症状でお悩みでしたか?

  • PMS・排卵前後の肩こりや背中の痛み、めまい
  • 気分が重く、やる気が起きない
  • 頭痛・生理痛
  • 息が吸いにくく、胸が圧迫されるようなしんどさ

現在その症状はどう変わりましたか?

  • 生理痛がかなり軽くなり、薬を飲まなくなりました。
  • 生理前のめまいや気持ちの落ち込みもほぼ安定しました。
  • 肩こりや背中の痛みを感じても気が付いたら治っている程度に改善しました。
  • 毎日あった頭痛が激減した。

当院と他の医療機関とはどんな点で違いますか?

  • 自分でも対処できるようにセルフケアや呼吸法を教えてくれる。
  • 体のことを考えていろいろと教えてくれる。
  • 状態に合わせていろいろな角度から治療してもらえる(整体・鍼灸など)
  • なんでも話しやすい。

最後に、同じ様な症状でお悩みの方にメッセージをお願いします。

  • 話をよくきいてくれ、体のこともしっかり考えてくれています。おすすめの先生です。

この方が受けられた施術はこちら

初めての方へのメッセージ

この記事を書いた人

吉村 徳介

鍼灸師・柔道整復師の国家資格をもつ整体師。2児の父。
自分自身が悩まされた経験から《めまい・頭痛・腰痛》の治療が得意。「自分でも治せればもっとハッピー!」をテーマに患者さんにセルフケアの指導にも力を入れている。