パニック障害(不安障害)で乗り物に乗れなかった状態からの回復。

向日市のかがやき鍼灸整骨院

以前と同じ生活が送れるように。

自分が思った時に、思った場所に行ける日常へ。

《パニック障害》の施術をうけられた患者さまからご感想をいただきました。

通うごとに前向きになり、パニックも出なくなり、出来ることが増えていき、以前と同じような生活が送れるようになりました。

ご感想ありがとうございます。

当初はご不安も大きかったでしょう。でもよく乗り切られました、本当に良かったです。

ご来院いただいてからパニック症状もでていないので、もう大丈夫でしょう。

でも、生きているといろんなことがあり、体調も日々変わります。

ずっと安定する、かもしれないし、また発作が出る場合もあります。

そのためにもセルフケアやお伝えした栄養のお話もしっかり取り組まれてくださいね。

ご感想に「できる事が増えていき」とありましたが、これすごく大切なことです。

パニック障害になると発作は起きていなくても、その不安から「行動範囲が限られる」「予定が入れられない」と言ったお話をよく伺います。

なので、自分が思った時に・思った場所に行けるよう、治療期間中に小さなステップを乗り越えていただけるようご提案します。

自律神経の施術をしていくと、力んでいた身体と精神の緊張が緩まって抜けていくので、ご自身が思っている以上に自然とステップアップできる方がほとんどです。

もちろん小さな勇気は必要ですが、「無理やり頑張る」わけではないのでご安心ください。

この方も、初めは当院までくるのも不安を持ちながらのご様子でしたが、今は大阪にも京都にも一人で電車に乗って自由に行けるようになられました。

そして嬉しいのが、ヨガスイミングなども楽しんで、以前よりもお元気になられた印象

なによりお顔の表情、雰囲気が本当にリラックスされています。

お仕事にも復帰されるとのこと。ぜひこの調子で、気楽に楽しんでくださいね。

自分を取り戻す。日常を取り戻す。人生を取り戻す。

ここが良かった!

呼吸法やマッサージといったセルフケアについて教えていただき、「自分でできる事がある」と知れたことも良かった。

「自分でできる事がある」

これも大事ですね。

「自分でもできる事があるんだー!」と思えると、普段から気をつけられるし、不安になった時でも対処法を知っていればどうにか乗り切れるかもしれない。

少しでも前に進める(行動範囲を広げる)と、自分の体を信じることができるようになり自信が生まれ、さらに次のステップにいける。

逆に何も知らなければ、何かあったときに対処ができないし、不安で前に進めない。

1歩でも前に進むためにも、病院(薬)や整体へ依存するのではなく、「自分でもできる事がある」と知っていただき、自助努力してもらう。

そして自助努力しやすいように、こちらもいろいろとお伝えしています。

お困りの方はお気軽にご相談ください。

京都市の心療内科でパニック障害と診断された女性

ご感想

以下がいただきましたご感想です。ありがとうございました。

来院される前、どのような症状でお悩みでしたか?

  • 乗り物に乗った後のめまいから、乗り物が怖くなり、動悸食欲不振不眠になり、パニック障害(不安障害)になりました。

治療を受けて変化したことはどんなことがありますか?

  • すがる思いで治療を受けにきましたが、「この症状なら良くなりますよ」と言っていただいて、帰る時には心が軽くなっていました。
  • 通うごとに前向きになり、パニックも出なくなり、出来ることが増えていき、以前と同じような生活が送れるようになりました。

当院と他の医療機関とはどんな点で違いますか?

  • 通院する前に心療内科に行きましたが、薬を処方されるだけでした。
  • 整体院で自律神経などの治療をされていると知り、試してみようと思いましたが、治療院での治療だけでなく、呼吸法やマッサージといったセルフケアについて教えていただき、「自分でできる事がある」と知れたことも良かったです。

もし今まだ当院の治療を受けていなかったとしたら、今どんな状況だったでしょう?

  • 薬だけ飲んでいたら、パニックが出た時、出そうになった時、不安な時など、薬を飲むことでしか対処できなくなっていたと思います。

現在、当院の治療を受けるか考え中の方にどのようなメッセージを送りますか?

  • どんな症状の方でも一度施術を受けてみてほしいです。苦しい不調から抜け出せる可能性がありますよ!

この方が受けられた施術はこちら

初めての方へのメッセージ

この記事を書いた人

吉村 徳介

鍼灸師・柔道整復師の国家資格をもつ整体師。2児の父。
自分自身が悩まされた経験から《めまい・頭痛・腰痛》の治療が得意。「自分でも治せればもっとハッピー!」をテーマに患者さんにセルフケアの指導にも力を入れている。