頭痛・睡眠障害(寝つきが悪い・中途覚醒)|肩を治療されると思いきや・・・

向日市の人気整骨院

自律神経系の不調

自分でも早く気付いて、早く対処できるようになる。自己防衛をお伝えします。

自分でも早く気付いて、早く対処できるようになる。自己防衛をお伝えします。

《頭痛、睡眠障害》でお困りだった患者さまからご感想をいただきました。

30代から1週間に1度の頭痛があり、少し疲れると頻繁に起きるように。首や肩こりがきつく落ち込んでいました。

この方の首や肩を触診するとガッチガチでした。

こんな時は首や肩をほぐしてほしくなりますね。

しかし、残念ながらそれで楽になるのはその時だけです。

一時的に肩が凝った場合は患部のマッサージでも楽になりますが、この方のように何カ月も、何年も続くような肩こりは患部のマッサージでは治りません。

みなさんもマッサージに行くけどすぐ(状態が)戻る、という経験はありませんか?

これは「そこ(首や肩)が原因ではないんだよ~」と体が教えてくれている訳です。

意外かもしれませんが、「痛み(症状)の原因は痛いところにない」ことがほとんど

となると、「どこが(何が)原因で起きているのか」をしっかり把握しないと、いつまで経っても治らないことになります。

首と肩を集中的に治療すると思ったのですが、「足が土台です」と説明を受け、治療後に納得しました!

肩なのに足?と思われた方もおられると思います。

でもこの方の場合、足が大きな原因の1つでした。

ブログでもよくお伝えしていることですが、足は心身の基礎となるところ。

ここでポイントなのが、身体だけでなく精神(ココロ)までも足が大きく関係しているということ。

よく心身が不安定な状態を「地に足がつかない」と表現されますが、まさに「足に問題がある」と地に足がつかない状態になり、肉体面も精神面も過緊張状態になります。

この過緊張状態が心身のさまざまな不調を生み出します。

その辺りについては下記ブログをご覧ください。

 

頭痛は全然なくなった訳ではないのですが、すごく減りました。
また(寝つきもよく、途中覚醒もなくなり)夜もよく眠れるようになりました!

足の施術、自律神経の治療も同時におこない現在ではだいぶいい状態になられました。

単に患部へのアプローチをした訳ではないこと、そしてセルフケアの指導に力を入れているので、比較的いい状態が続くと思います。

しかし生きている間、ずーーーと好調が続くということはありえません。

疲れ、ストレス、不摂生(食べ物、冷え、睡眠不足、運動)など、生きていればいろいろなことがあります。

人間だから疲れもするし、ストレスもたまる時もある。そして不摂生もします。

ある程度は仕方ないと思います。

しかし、そこ(疲れ・ストレス・不摂生)によってカラダとココロが不安定になっていることに気が付けることが分かれ道だと思います。

自分でも早く気付いて、早く対処できるようになる。つまり自己防衛。

これが最も大事だよ、っとお伝えしています。

治療期間中に、いろいろな身体の小話をしていきますので、単に身体が楽になるだけでなく、自己防衛もできるようになっていただければな、と思っています。

ということで、いまカラダやココロの不調でお悩みの方は、お気軽にご相談いただければと思います。

漢方や薬が効かない片頭痛
だいぶいい感じですね、これからも趣味のスポーツを楽しんでくださいね。

ご感想

以下がいただきましたご感想です。ありがとうございました。

来院される前、どのような症状でお悩みでしたか?

  • 30代の頃から1週間に一度の頭痛が少しの疲れから頻繁に起きる。
  • 肩こり・首こりがきつく、落ち込んでいた。
  • 夜の寝つきが悪かったり、夜中に目が覚めて、その後眠れなくなる。

現在その症状はどう変わりましたか?

  • 頭痛は全然なくなった訳ではないのですが、すごく減りました!
  • よく眠れるようになりました!

当院と他の医療機関とはどんな点で違いますか?

  • 首と肩を集中的に治療すると思ったのですが、「足が土台です」と説明を受け、治療後に納得しました!

ここが良かったな~と感じられた点があれば教えてください。

  • 自分でできるセルフケア、とても参考になりました。
頭痛・自律神経失調症・うつの治療

この方が受けられた施術はこちら

この記事を書いた人

吉村 徳介

鍼灸師・柔道整復師の国家資格をもつ整体師。2児の父。
自分自身が悩まされた経験から《めまい・頭痛・腰痛》の治療が得意。「自分でも治せればもっとハッピー!」をテーマに患者さんにセルフケアの指導にも力を入れている。